【機材】200円で強力リフレクターを作ろう

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

室内でフォトグラメトリーとかやるんですけど、ライティングの偏りをどうにかするのに一苦労。なんて不満があったんですが、じゃあ補助光代わりのなにかを作るか、と思ってリフレクターを作ることにしました。
100均の商品だけで。

動画板

作り方

じゃ、作ってみましょうか。設計図とかないです

用意するもの

2つです。

①ひとつは社内用日よけ。自動車の窓にペタっとする折り畳めるやつです。
バフっと広がります。付属の吸盤は使いませんので他の何かで使おう。
こんなふうに小さくたためますと。

②リフレクター代わりにするのがこれ。台所の油はねを防ぐアルミシート

なんか一般的にガス台の油よけって硬いアルミのやつが思い浮かぶでしょう。こんなやつ。

しかしこの商品はなんか不織布みたいな質感なんです。なので、折りたたんでもシワがそんなに出来ないのがいい所。表面もよく見ると不織布みたいな素材なのがわかります。
 

ちなみに今回の制作のきっかけですけど、リフレクターを作りたくて反光素材を探していたわけじゃなくて、この商品を観て「リフレクター!」ってピンときたのであります。

制作

じゃあ作っていきます。はっきり言って見た目にこだわる気なんてないので最短の手順で行きます。

1.カット
日よけよりも一回り大きくなるようにカットします。
もう、こんなんでいいんですよ

2.接合
そんだらくっつけていきます。2つ折りにして、ホチキスで止めます。
見た目は相当やばいです

ホチキスの跡も丸見えですけど。

完成

性能がどうか確認しましょう。どうかな?

うおっ
なんか、照明たいたくらいギラギラっすね。
左手が窓なんですが、もはやリフレクター右手のほうが光強いじゃん。
LED並べただけなのにゲロ高い値段の撮影用ライトを変に数個も買うのも、この手作りリフレクターを量産するのも大差ない気がしてきた。

シワについて

畳んでみました。畳結構シワにはなりますけど性能面は問題なしでした。

コメントを残す