【建築】GCプロソミュージアムリサーチセンター/隈研吾建築都市設計事務所

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

 閑静な住宅街に何事もなかったかのようにいち区画に建っている、木材の格子にひたすら覆い尽くされた不思議な建物におじゃま。ジーシー社の研修施設です。
 ジーシー社は非上場ということもあってか、製品が縁の下の力持ち的なポジションのためか聞き慣れないと思います。
 一言で紹介させてもらうと、歯医者さんが使う器具や材料を製造、販売する会社です。世界シェアもトップクラスで連結売上1,000億円弱という巨大企業。気になってきたので調べてみると世界の歯科用品市場(Global Dental Equipment Market)の今後10年間近く活躍し続けると期待されるグローバルプレーヤに3M等と並んでGC社も挙がっています。他の幾つかのレポートを読んでもGCは出てきます、まさに世界に輝く日本企業です。

建物

 仮に建築早押しクイズなるものが存在するならば、この姿を見た瞬間に疑いもなく「隈氏の作品だ!」と回答するでしょう、というほどのTHE 隈建築です。ここまでシンプルにヒノキを縦横に格子だけで仕上げられるとたまりません。
The facade of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)

General view of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)

 何気に手前の歯のオブジェが個人的には好きです。なんかすごい昔に雑貨屋で買った歯の形をした収納道具を思い出してしまうのもあって、かも。夜になると歯は光りませんが、ライトアップされるみたいです。個人的には歯のオブジェを光らせてほしかったかなあ。白い歯! 輝く歯! 
The object of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)

 ちょっと興奮してしまいましたが、ディテールを見ると木の断面部分はすべて白で染められていたり細かいところにこだわりがあるようです。白の理由はわかりません。
 格子の中の外壁は超シンプルに窓ガラスとコンクリートのみ。
Details of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)

 中に入るには要予約でした。過去にオープン直後に中を見学した人のレビュ(?)を読んだのですが、その人は「平日に行けばとりあえず入れる」とかって書かれていたはずですが、この情報は間違いです。これが頭に残ってて予約なしで行っちゃったので当然入れませんでした。中には人もいないですし。
 張り紙を見るに業界関係者しか入れないように受け取れましたけど、私も見学申込すれば行けるのかな? このあたりは結局わからず。
Tour info of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)

アクセス

 JR名古屋駅から中央本線を使ってJR勝川駅に行き、駅から徒歩25分です。と思うでしょう? 実は駅の北東すぐ(線路のガード下)に市営のレンタサイクルがあります。しかも半日くらいなら無料です。これを使いましょう。

 JR中央本線
 名古屋駅 → 勝川駅
 時間:18分
 運賃:240円

 レンタサイクルの受付のおっちゃんは受付票をぶん投げて人に渡す方法しか知らない人でかつ産まれてから敬語を話したことがないと思われる人物でしたが怯んではいけません、ただなんですから。地方の市営はだいたいこうです。まあ清澄駅の駐輪場もそうですけれども、これが自称世界一の文化レベルと胸を張るおもてなし国家:日本です。もう慣れました。

Extreme lattice exterior design museum! Kengo Kuma’s one of the best works.


ギャラリー

 すべての写真をFlickrで見る

  • Upwad view of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • Details of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • Details of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • Details of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • Upwad view of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • Upwad view of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • Exterior view of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • Tour info of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • The object of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • The object of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • General view of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)
  • The facade of GC Prostho Museum Research Center  (GCプロソミュージアムリサーチセンター)


建物概要

GC Prostho Museum Research Center (GCプロソミュージアムリサーチセンター).
Architect : Kengo Kuma & Associates (設計:隈研吾建築都市設計事務所).
Contractor : Matsui Kensetsu (施工:松井建設).
Completed : May 2010 (竣工:2010年5月).
Structured : Timber, Reinforced Concrete (構造:木造+鉄筋コンクリート造).
Costs : $ million (総工費:約億円).
Use : Museum (用途:博物館).
Height : 32 ft (高さ:9.9m).
Floor : 3 (階数:地上3階、地下1階).
Floor area : 6,743 sq.ft. (延床面積:626.5㎡).
Building area : 2,410 sq.ft. (建築面積:223.95㎡).
Site area : 4,537 sq.ft. (敷地面積:421.55㎡).
Owner : GC (建主:GC).
Location : 2-294 ToriiMatsucho, Kasugai City, Aichi, Japan (所在地:日本国愛知県春日井市鳥居松町2-294).


使用機材

Nikon D600
Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Lightroom
   

参考サイト


管理人が読んだおすすめの建築本

    

1 thought on “【建築】GCプロソミュージアムリサーチセンター/隈研吾建築都市設計事務所

コメントを残す

BackToTop