【建築】京阪電鉄中之島線 なにわ橋駅/安藤忠雄建築研究所

Pocket

 おばんです。最近『魔術師たちの心理学』という本を借りたのはいいのですが、100ページ目くらいまできて「あ…これ、前に借りたやつだわ。」と気づいたYanaiです。いやそれだけならいいんですけどね。問題は他にあってですね…実は3回目なんですよ(^_^;) そう。このくだりを1回経験しているわけですw どんだけ愛読してんの!w と。この本は確かにめちゃ好きですけど。。。

 さて、在住中に利用していた京阪の中之島線。ここの内装デザインが好きで利用するだけで仕事疲れが緩和されていた気がします。(今利用している大江戸線にはそれがない!) 渡辺橋駅となにわ橋駅は内装に木材をふんだんに使っていて、暖かいライトウッドカラーに目を奪われていたものです。
 なにわ橋駅は外装が何気に安藤忠雄先生だったりして、入口の強烈な青色のライトにも眼を引かれ、わくわくがとまらない場所なのです。
I was taking the train to commute of Nakanoshima Line of Keihan Railway. Their interior of stations are really excellent. Especially Watanabebashi Station and Naniwabashi Station is my favorite. I introduce Naniwabashi Station. It is designed by Tadao Ando. Brought blue of entrance on the wall is fascinated me.

ギャラリー

 すべての写真をFlickrで見る

Gate of Naniwabashi Station (京阪電鉄中之島線・なにわ橋駅) General view of Naniwabashi Station (京阪電鉄中之島線・なにわ橋駅) Gate of Naniwabashi Station (京阪電鉄中之島線・なにわ橋駅) Blue station (青壁の駅)

建物情報

Naniwabashi Station, Keihan Railways Nakanoshima Line (京阪電鉄中之島線・なにわ橋駅)
Architect : Tadao Ando (設計:安藤忠雄建築研究所).
Completed : October 2008 (竣工:2008年10月).
Location : Nakanoshima, Kita-ku, Osaka City, Osaka, Japan (所在地:大阪府大阪市北区中之島).

コメントを残す