【地図】日本の伝統建築地区を完全網羅した『全国伝建地区 町並みアーカイブ』のGoogle Mapが便利

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

武家屋敷群や商家の町並が国内には点在しているエリアを「小京都」と呼ばれたりして、観光案内でよく見かけるワードじゃないかと思います。国は特にその価値が高いものを「重要伝統的建造物群保存地区」として選定しているのですが、実はこの名称自体はそれほど知られていない気もします。
有名どこの伝統的街並みはだいたい選出されていると思ってだいたい合っています。

文化庁が全126件を掲載しているわけですが、文字が表になっているだけですごくわかりにくくて、結局自分で調べなければならず面倒。
ですが全国伝統的建造物群保存地区協議会(略:伝建協)がGoogle Mapとして指定地区の全箇所を掲載しているのでこちらで探すととても便利です。

この地図の素敵なところは、ジャンル分けしてくれているところです。
宿場町、商家の町並、産業と結びついた町並、社寺を中心とした町並、茶屋の町並、武家を中心とした町並なんて具合に色分けしているのでお目当ての建物をよりピンポイントで探せます。

全国伝建地区 町並みアーカイブ

参考サイト

重要伝統的建造物群保存地区一覧 – 文化庁
全国伝統的建造物群保存地区協議会(公式)

コメントを残す