【建築】コレド室町/團紀彦建築設計事務所

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

 オープンして結構経ちますが、懐かしいようで未来的なCOREDO室町1・2・3におじゃま。
 江戸時代には最も商業が活発だった日本橋。もちろん今でも賑わいはありますが、当時から続く伝統的な姿を活かしつつも現代に見事に落とし込まれています。
 中央通りに面した一番でかいビルが2010年10月28日にオープンして2と3が2014年3月20日に続いてオープンしました。
Illumination of COREDO Muromachi in night (COREDO室町)

 外観は3つとも低層は近代建築のようで、高層部はシンプルにオフィスビルの姿をしています。これは向かいにある三井本館の高さ31mに合わせてデザインされているそうです。

General view of COREDO Muromachi 3 (コレド室町3)

 内観も木の素材を大切にしていると思わせてくれます。3館ともデザインが異なるのでそれぞれの違いも楽しめます。こちらは3。
Indoor of  COREDO Muromachi (COREDO室町)

夜に来たい

 夜になると建物をぐるりと囲うように配置された提灯が街を照らし、地面には行燈が随所に配置されていて、なにかの夏祭りに来ているかのような賑わいを覚えます。特にCOREDO室町とCOREDO室町2を跨ぐ仲通りは素晴らしいです。いつ行っても人が賑わいを見せます。
A lantern of COREDO Muromachi in night (COREDO室町)


ギャラリー

 すべての写真をFlickrで見る

  • Illumination of COREDO Muromachi in night (COREDO室町)
  • Lanterns of COREDO Muromachi in night (COREDO室町)
  • A lantern of COREDO Muromachi in night (COREDO室町)
  • Illumination of COREDO Muromachi in night (COREDO室町)
  • Illumination of COREDO Muromachi in night (COREDO室町)
  • General view of Kayanoya (茅乃舎)
  • Indoor of  COREDO Muromachi (COREDO室町)
  • Entrance of Kayanoya (茅乃舎)
  • General view of COREDO Muromachi 3 (コレド室町3)
  • COREDO Muromachi in night (COREDO室町)


建物概要

COREDO Muromachi 3 (コレド室町3).
Design : Norihiko Dan And Associates (デザインアーキテクト:團紀彦建築設計事務所).
Architect : Nihon Sekkei (設計:日本設計).
Contractor : Shimizu Corporation (施工:清水建設、錢高組).
Completed : 2014 (竣工:2014年).
Structured : Steel frames (構造:鉄骨造).
Use : Commercial facilities (用途:商業施設).
Costs : $237 million (総工費:237億円).
Height : 262 ft (高さ:116.05m).
Floor : 22 (階数:地上22階、地下4階).
Floor area : 678,126 sq.ft. (延床面積:63,000㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:㎡).
Site area : 40,074 sq.ft. (敷地面積:3,723㎡).
Location : 1-5 Nihonbashi Muromachi, Chuo Ward, Tokyo, Japan (所在地:日本国東京都中央区日本橋室町1-5).


使用機材

Nikon D600
Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Lightroom
   


参考サイト

この記事はお役に立ちましたか?
0

管理人が読んだおすすめの建築本

    

コメントを残す