【建築】小田急線 参宮橋駅/フジタ

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

駅舎建て替えを含めた改良工事2020年11月25日(水)完了し、11月19日に参宮橋駅がリニューアルオープンしていました。明治神宮の北西側すぐ近くということもあって、「木と緑に溶け込む『杜』の玄関口」がコンセプトとのこと。デザインはフジタとのことで、小田急線箱根湯本駅もデザインを担当していたと言われるとピンときます。西口出口の駅前空間は拡大され、東口に新たな改札が設置されていてより便利になっています。

ちなみにこの改良工事は、東京都「にぎわい施設で目立つ多摩産材推進事業」の支援対象として認定され一部補助を受けて実施しているとのことで、参宮橋駅のリニューアルに使われた木材の多くは50,000ヘクタールの森林がある東京の多摩地方で伐採されたもの。

木の温かみが感じられ、地域や利用者から愛され親しまれる駅を目指し、ホーム上家の柱や天井面、改札口上部などに多摩地域で生育、生産された木材である「多摩産材」が使用されています。

西口の駅前空間は拡大され、東口に新たな改札が設置されたことで駅へのアクセスが向上。トイレの増設や多目的トイレへのベビーシート設置も行われ利便性の向上が図られています。

各駅停車以外に停車しない参宮橋駅ですが、明治神宮の最寄り駅として、本殿まで徒歩約9分の場所に位置しています。この機に利用してみてはいかがでしょうか。

建物

参宮橋商店街のお店を紹介する案内板を、参宮橋商店街と共同して「多摩産材」で制作し西口改札外に設置しています。

本改良工事のポイントとなっている「多摩産材」の魅力を発信するためのPR看板を上下ホームに設置しています。

上下ホーム上家:一部折板屋根に変更し強度を高めるとともに、柱や天井部分に多摩産材を使用しています。

跨線橋:内外壁および階段床石を改修し、仕上げ材のリニューアルをしています。

西口改札:駅前空間およびホーム幅員を拡大しています。

東口改札:駅の東側へのアクセスを向上するため、新改札口を設置しました。
お客さまトイレ:トイレの増設と多目的トイレの設備を充実させ、それらを分かりやすくご案内するため多摩産材で作成したピクトサインを設置しています。なお、トイレ拡張に伴い、平屋建ての旧駅舎を2階建てに新設しています。

見学、撮影許可

見学:入場料を払う。
撮影:可。

ギャラリー

  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Exterior view of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Exterior view of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Exterior view of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Exterior view of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)
  • Platform of Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅)

建物概要

Odakyu Line, Sangubashi Station (小田急線 参宮橋駅).
Architect : Fujita (設計:フジタ).
Constructor : Fujita (施工:フジタ).
Completed : October 2020 (竣工:2020年10月).
Structured : (構造:).
Use : Station (用途:駅舎).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 2 (階数:地上2階).
Site area : sq.ft. (敷地面積:㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:㎡).
Floor area : sq.ft. (延床面積:㎡).
Location : 4-6 Yoyogi, Shibuya-ku, Tokyo, Japan (所在地:日本国東京都渋谷区代々木4-6).
Owner : Odakyu Electric Railway (発注者:小田急電鉄株式会社).
Costs* : million USD (総工費:約億円). *USD/JPY=100.00
Awarded :

施設情報 (Admission)

【営業時間】9:00 – 17:00 (入場は16:30迄) (Opening hours)
【休館日】毎週月曜日(月曜日が休日の場合はその直後の平日)。年末年始(12月29日~1月3日) (Closing day)
【入場料】800円 (Admission fee)

アクセス (Access)

小田急線参宮橋駅に行く
詳細は公式サイトをご参照。

使用機材

ボディ:SONY α7Ⅱ
レンズ:TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
レンズ:TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
マウントアダプター:RAYQUAL NF-SαE

現像:Adobe Photoshop Lightroom
   

参考サイト

管理人が読んだおすすめの建築本

    

コメントを残す

BackToTop