【CG】UE4の360度パノラマ(応用編)。視差あり画像を作ってGear VRで見よう

Pocket

 前回の続きです。
 せっかく左目用、右目用の画像を出力してくれたのですから、ちゃんと視差がある設定で見ましょうよ。

left_ue4%e3%81%ae360%e5%ba%a6%e3%83%91%e3%83%8e%e3%83%a9%e3%83%9e%e5%bf%9c%e7%94%a8%e7%b7%a8%e3%80%82%e8%a6%96%e5%b7%ae%e3%81%82%e3%82%8a%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%a6gear-vr right_ue4%e3%81%ae360%e5%ba%a6%e3%83%91%e3%83%8e%e3%83%a9%e3%83%9e%e5%bf%9c%e7%94%a8%e7%b7%a8%e3%80%82%e8%a6%96%e5%b7%ae%e3%81%82%e3%82%8a%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%a6gear-v


やってみよう

 他にも方法があるとは思いますが、私が知っているのは、左右の360パノラマ画像をそれぞれキューブ(6枚)に変換し、それを所定の順序に並べて、Galaxyの所定のフォルダにコピーして、Gear VRで見る。という流れの手順です。

パノラマをキューブに変換

 私はKRPanoを使用しています。対象の360パノラマ画像を Convert SPHERE to CUBE droplet.bat にドラッグアンドドロップするだけです。
gearvr%e3%81%ab%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97-1

 ドロップすると、コマンドプロンプトが開かれ、カチャカチャ処理してくれます。
gearvr%e3%81%ab%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97-2

 完了すると、6つのTIFF形式の画像が出力されます。これを左目用、右目用の両方にやればOKです。
gearvr%e3%81%ab%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97-3

並び順

 12枚のキューブ画像を所定のルールに沿って並び替えする必要があります。ちょっと面倒。

164826_3d1cf77ce647f2ecb3a2c7d74231c57d
Photo by Oculus Discussion Forums

 これを実際にやってみると、下記みたいな細長~い画像になります。
krpano;spheretocube;spheresize=4096x2048;cubesize=1304;

Galaxyに画像をコピーする

 PCとGalaxy S6 EdgeをUSBとかで接続します。マイコンピュータ→Galaxy S6 Edge→Phone→Oculus→360Panoramaフォルダ以下に生成した画像ファイル(JPG形式)をコピーすれば準備完了です。フォルダを作れば、Gear VR内でも階層わけされて便利です。
ue4%e3%81%ae360%e5%ba%a6%e3%83%91%e3%83%8e%e3%83%a9%e3%83%9e%e5%bf%9c%e7%94%a8%e7%b7%a8%e3%80%82%e8%a6%96%e5%b7%ae%e3%81%82%e3%82%8a%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%a6gear-vr

完了

 Enjoy!! :D
 同じディレクトリに視差ありと視差なしの画像を入れておいて、比較するとわかりやすいと思います。特に草とか柱はわかるかな。

おまけ

 画像2枚公開します。使ってみてね。

視差あり christinayan_panorama_12cubemap.jpg 15,648×1,304px 5.57MB ダウンロード
視差なし christinayan_panorama_sphere.jpg 4,096×2,048px 2.60MB ダウンロード


画像提供

yumi. s


コメントを残す