【建築】天理駅前広場CoFuFun/nendo

Pocket

 世界的に評価の高いデザインオフィスnendoが初めて手がけたパブリックスペースです。奈良県は天理市、天理駅前東口に登場したかなりユニークな広場が去年登場しました。天理市が3年の歳月と14億円を投じた、広場にしてはかなりの高額を投じた大プロジェクトではないでしょうか。と思いきやほぼ全額を国交省の「社会資本整備総合交付金」で賄ったらしいですが。

 名前の「CoFuFun(コフフン)」は「Cofun(古墳)」と「Fufun(フフン♪)」をくっつけた造語です。さらに「Co(共に)」「Fun(楽しむ)」という意味も込められているそうで。
Fuwafuwa Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン)

建物

 この不思議な建物群は古墳をイメージしたという、純白のコンクリートで広場のいたるところにマインクラフトの世界観をちょっと連想するような段状の円盤や、お椀型の物体が配置されていて、それぞれに機能があります。直径が13~26mもあるので、実際に見るとかなり大きいです。一番大きいのはコフフンラウンジでしょうか。nendoは「建築物というよりはベンチのようなものです」と語っているように、この形がこの場所でゆっくり過ごすには本当にちょうどよかったです。
Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン)

Table Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン)

 隣には200人規模でコンサートや集会をする「ステージコフン」があり、その上部は子どもたちがトランポリンで全力で遊ぶことができる「ふわふわコフン」になっていました。ちなみにこのトランポリン、おそらく富山県立美術館のトランポリンと全く同じっぽかったです。流行り?
Fuwafuwa Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン)

 おじゃました日は夕方からイベントが催されていたのもありますが、相当賑わっていました。お椀型が変に死角を生みにくいためか、人通りが多く往来もあるためか、親も安心して遊ばせておけるみたいでした。なんか天理教のイメージしかなかったこの界隈も変化がでているようです。
Crater Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン すりばちコフン)

海外メディアの方が注目する建築物

 最後の「参考サイト」を見るとわかるように、世界中の有名建築サイトがこぞってCoFuFunを特集しています。一方でこの建物の知名度は奈良県内またはその周辺がいいところで、関東にいる限りまったく耳に入らない。(個人の見解です。)現に私も海外サイトで存在を知りましたので。
 というのもデザインを手掛けたnendo代表:佐藤オオキ氏が過去にdezeenの注目デザイナーとして取りあげられたり海外で活躍されている点がこのような状況を生んだのかと思われます。Flickrでも「nendoはいいデザインするよね。」とコメントをもらったりと反応が良かったのを覚えています。

Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン)

Cafe space and lounge in Cafe CoFun. Relax space. Japanese style kitchen is good.


ギャラリー

 すべての写真をFlickrで見る

Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Lounge Cofun of CoFuFun in equirectangular (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) CoFuFun shop in CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン) Table Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン) Crater Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン すりばちコフン) Crater Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン すりばちコフン) Table Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン) Table Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン) Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Crater Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン すりばちコフン) Lounge Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ラウンジコフン) Fuwafuwa Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン) Fuwafuwa Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン) Fuwafuwa Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン) Fuwafuwa Cofun of CoFuFun (天理駅前広場コフフン ふわふわコフン)


建物概要

CoFuFun (天理駅前広場コフフン).
Architect : nendo (設計:nendo).
Contractor : Daiwa House (施工:大和ハウス工業).
Completed : 2017 (竣工:2017年).
Structured : Precast Concrete Construction (構造:プレキャストコンクリート工法).
Costs : $14 million (総工費:約14億円).
Use : Plaza (用途:広場).
Height : ft (高さ:m).
Floor : – (階数:-).
Floor area : – sq.ft. (延床面積:-㎡).
Building area : – sq.ft. (建築面積:-㎡).
Site area : 184,541 sq.ft. (敷地面積:17,144.45㎡).
Location : 803 Kawaharajocho, Tenri City, Nara, Japan (所在地:日本国奈良県天理市川原城町803).


使用機材

Nikon D600
Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Lightroom
   


参考サイト

コメントを残す