【話題】新宿西口の小田急百貨店(設計:坂倉準三)が閉館し、跡地に48階建のビル建設。2029年完成予定

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

東京、新宿西口といえばロータリーと坂倉準三氏が設計、鹿島建設が施工した小田急百貨店本店の景色、なわけでしたが解体が2021年7月頃に決まっていました。
そして跡地には超高層ビルが建設予定となっています、事業主は小田急電鉄と東京地下鉄となっていて、2022年に着工し、2029年に竣工予定と大掛かりな再開発となります。

2022年10月以降の工事期間中は新宿西口ハルクでの営業となる予定。

高層部はオフィス。オフィスと商業施設の中間には(12・13階)にはビジネス創発機能を設定
デザインパースを見るとなんか梅田のグランフロント南棟とヨドバシ梅田をミックスしたようなデザインで、真新しさはないですね。

設計・監理、施工業者はまだ決まっていないとのことです。勝手な予想ですが今の小田急百貨店の施工は鹿島建設さんだから鹿島さんは入ってきそうかなと。建物、鉄道、地下鉄があるのでもう1、2社スーパーゼネコンのどっかが入ってきそうでしょうか。

建物情報

Shinjuku Station West Exit Develop Plan (新宿駅西口地区開発計画(仮称)).
Architect : (設計:).
Constructor : (施工:).
Complete : 2029 (竣工:2029年予定).
Structured : (構造:).
Use : Commercial use, Office (用途:商業施設、事務所、駅施設).
Height : 853 ft (高さ:260m).
Floor : 48 (階数:地上48階).
Site area : 169,208 sq.ft. (敷地面積:15,720㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:㎡).
Floor area : 3,032,190 sq.ft. (延床面積:281,700㎡).
Location : 1 Nishi-Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan (所在地:日本国東京都新宿区新宿3、西新宿1).
Owner : Odakyu Electric Railway Co., Ltd. (発注者:小田急電鉄、東京地下鉄).
Costs* : million USD (総工費:約億円). *USD/JPY=100.00
Awarded :

参考サイト

コメントを残す