【Unity Hub】[リストに追加]から登録したエディターに、後付けでAndroid Build Supportを入れたい場合

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

割りとハマったのでメモ。知らなかったの。。。

プロジェクトの都合で指定されたバージョンのUnityエディターを用意するのは当たり前ですけど、となるとUnity Hubのエディターをインストールには出てこないバージョンのエディターが必要になる場合が大半です。

例えば2019.4.20f1をインストールしたいのに、Unity Hubのインストールには2019.4.32f1しか出てこない。

なのでUnityのarchiveからダウンロードして、インストールをして、Unity Hubから[リストに追加]をすることになります。
ただしこのやり方だと罠があって、モジュールの追加ができない。

やり方

結論から言うとエディターを再インストールするしかありません
ここでは2019.4.20f1Android Build Supportがある状態の例です。

1.エディターをアンインストール

2019.4.20f1をアンインストールしてください。

1.ダウンロードの仕方

ダウンロードで[ダウンロード(Win)]を選んだのが間違いでした。
PCでUnity Hubを起動した状態で、Unityのarchiveから2019.4.20f1を探して、左端の[Unity Hub]ってボタンを押せばよかったんです。

すると、インストール画面になりますので普通にインストールを進めましょう。
このときにAndroid Build SupportをチェックONにしておきます。

2.モジュールのインストールの仕方

ここでも罠があります。完全にハマった。
実はこの状態だとSDKとNDK、JDKがインストールされていません。ってのが罠。はあ?
エディターの[…]で[モジュールの追加]を押してから、モジュール[>]ボタンを押して展開して、その中のAndroid SDK & NDK ToolsOpenJDKの2つをチェックONにしなければならない。

完了

JDKなどがインストールもできましたし、ちゃんと認識できています。

参考サイト

https://docs.unity3d.com/ja/2020.3/Manual/android-sdksetup.html
https://unity3d.com/jp/get-unity/download/archive

コメントを残す