【建築】東洋文庫ミュージアム/三菱地所設計

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

 久しぶりの都内でしょうか。六義園から南に徒歩5分も歩けばあるのです、東洋文庫ミュージアムが! 

 東洋文庫は三菱の第三代当主岩崎久彌氏が1924年に設立した、東洋学分野での日本最古・最大の研究図書館だそうで、『世界5大東洋学研究図書館』のひとつとのことです。蔵書数はなんと100万冊あり、うち国宝5点、重要文化財7点も所有している非常に名高い組織です。

豆知識:世界5大東洋学研究図書館

  • イギリスの大英図書館(British Library)
  • フランスの国立図書館(Bibliothèque nationale de France)
  • ロシアの東洋学研究所(Institute of Oriental Studies of the Russian Academy of Sciences)
  • アメリカのハーバード・エンチン研究所(Harvard-Yenching Institute)
  • 日本の東洋文庫(Toyo Bunko)

Sentenced by 重要文化財 ドチリーナ・キリシタン 天草版 – 勉誠出版

 館内はオリエントホール、モリソン書庫、岩崎文庫、庭園の知恵の小路、そして小路の先にオリエント・カフェが主な見どころです。オリエント・カフェでは貸し切って小コンサートが行われたり
 オリエントホール洗練された、開放的なスペースとなっています。
Indoor of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)

 モリソン書庫はこのミュージアム一番の見どころです。モリソン氏から岩崎氏が買い取った約24,000冊の一部が公開されています。このモリソン氏という人物は、元ロンドンタイムズの北京特派員で、日露戦争を欧州に報道し続けたことで有名になり、そのまま中国に居住した方だそうです。
Book collection space of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)

 知恵の小路はモダンな通りです。スチールの壁に様々な名言が書かれていました。
Garden of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)

 オリエント・カフェは離れになっていて、ちょっぴり特別でリッチな立地。
Orient Cafe of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
 中庭はシーボルト・ガルテンというそうですが、あじさいが見どころらしいので該当する時期に行くのがよさそう。

 一方で外観はがっしりとした堅牢な作りで、貴重な書物を守っていてくれているかのようです。初見での感想は重たい印象を受けるものでしたが、何のための、どんな歴史をもつ機関の建物かを理解してから改めて拝見するとその造りには納得いきますね。
General view of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)

 『日本建築家協会優秀建築選2012』『第39回東京建築賞2013』『2013年度グッドデザイン賞』と様々な栄誉を受けています。ちょっと料金の割に展示は狭いかな。でもフラッシュ無しであればどこを撮ってもOKですので撮りたい目的の方としては適正料金?(笑)

館内の写真撮影

 全館撮影可能。ただしフラッシュOFFにすること。
 This building got some awards, we can learn about Japanese old rare works and novels in this museum.


ギャラリー

 すべての写真をFlickrで見る

  • General view of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Entrance of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Exterior view of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Indoor view of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Garden of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Garden of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Exterior view of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Orient Cafe of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Exterior view of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Exterior view of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Garden of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Indoor view of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Book collection space of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Book collection space of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Garden of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Indoor view of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)
  • Indoor of Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム)




建物概要

Toyo Bunko Museum (東洋文庫ミュージアム).
Architect : Mitsubishi Estate (設計:三菱地所設計).
Contractor : Toda Corporation (施工:戸田建設).
Completed : 2011 (竣工:2011年).
Structured : Steel Reinforced Concrete (構造:SRC造).
Costs : $ million (総工費:約億円).
Use : Museum, Library (用途:図書館).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 7 (階数:地下1階,地上7階).
Floor area : 76,488 sq.ft. (延床面積:7,106㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:㎡).
Site area : 39,751 sq.ft. (敷地面積:3,693㎡).
Location : 2-28-21 Hon-Komagome, Bunkyo Ward, Tokyo, Japan (所在地:日本国東京都文京区本駒込2-28-21).


使用機材

Nikon D600
Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Lightroom
   


参考サイト

管理人が読んだおすすめの建築本

    

コメントを残す

BackToTop