【建築】女川駅・女川温泉ゆぽっぽ/坂茂建築設計

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

 東北は宮城県、仙台市からほぼ真東に太平洋が見えるまで直行すると、女川町(おながわちょう)にたどり着きます。この町には世界の頂点の証とも言える『プリツカー賞』を獲った日本を代表する坂茂氏が設計した建物があります。女川駅です。
 2011年の震災により街は深刻な被害を受けましたが、少しずつですが再建は進んでいる様子でした。今回の女川駅は旧女川駅よりも200m陸側に、7mかさ上げされた場所に建てられています。

 駅舎だけじゃないのがこの建物の特徴。『女川温泉ゆぽっぽ』という温泉施設が2階に併設されていています。2015年3月22日、駅舎の開業の翌日にオープン。私が訪れたこの日は真夏で暑かったため入りはしませんでしたが、今の時期だったらひとっ風呂入りたかったところ。入浴料は大人500円です。

 今回は珍しく車で行きました。というのも電車の本数が激少なのと、行く途中にいくつか見学したい建物があったからです。仙台駅から高速道路を使って直行であれば約1時間。この寄り道ルートだと2時間ほどです。

建築

  白く大きな屋根はウミネコをイメージしたデザインだそうで、「復興に向けて羽ばたいてほしい」という思いも込められているそうです。真正面の地上からみると直線的な屋根に見えますが、高い位置か遠くからみると翼のようなきれいな曲線を見ることができます。

Exterior view of Onagawa Station (女川駅)

ウミネコ

Photo from ウミネコ – Wikipedia

 全体が木で覆われていますが鉄骨造です。屋根をよく見ると単に建物本体に乗っているわけではなく、V字の白い鉄骨が支えています。そう見るとちょっと浮いているようにも見えてきたり、模型だったらスポッて取れそうな感じもする、だからなんだか軽やかな印象だったのですね。

Exterior view of Onagawa Station (女川駅)

 屋根裏は構造用の合板で網目模様でアーチ状に作られています。屋根ばっかりですが非常に注目点が多いのです。さすが屋根のデザインに思いを最も載せているだけあってこだわりを感じます。
Balcony rooftop of Onagawa Station (女川駅)

 1階は駅舎、待合室とお土産屋です。内装もほぼ木材で施工されていて温かみが感じられます。もしここのお土産屋で欲しいものが見つからないときはシーパルピア女川という駅前のショッピング街で探すのもよいでしょう。 :)
 2階は温泉施設と休憩所で、チラッと見ただけですが開放感があり採光も十分で過ごしやすい雰囲気でした。
 3階は展望台になっていて、西は駅のホームが、東はシーパルピア女川と海が一望できます。海から陸へ抜けていく風が気持ちいい。

Details of Onagawa Station (女川駅)

やはり紙筒デザインがあります

 坂氏と言えば紙筒の構造体。もちろん使用されていました。屋内1階のベンチと天井で美しい曲線を描いていました。おばあさんたちが「このベンチ、曲線がいいからか座りやすいわねぇ。」と絶賛していました。

Indoor of Onagawa Station (女川駅)

The station was built as a symbol of recovery from the Great East Japan Earthquake, by Pritzker Architecture Prize awarded Shigeru Ban.
Material for ceiling structure is mainly natural woods. Latticed pattern structure and curved pipe.
Paper tubes! It is the symbol materials of Shigeru Ban! A bench and ceiling are used by paper tubes.


ギャラリー

 すべての写真をFlickrで見る

  • Exterior view of Onagawa Station (女川駅)
  • Indoor of Onagawa Station (女川駅)
  • Indoor of Onagawa Station (女川駅)
  • Details of Onagawa Station (女川駅)
  • Details of Onagawa Station (女川駅)
  • Exterior view of Onagawa Station (女川駅)
  • Photographer and Onagawa Station (女川駅)
  • Exterior view of Onagawa Station (女川駅)
  • Exterior view of Onagawa Station (女川駅)
  • Far view of Onagawa Station (シーパルピア女川)
  • Exterior view of Onagawa Station (女川駅)
  • Roof details of Onagawa Station (女川駅)
  • Details of Onagawa Station (女川駅)
  • Ceiling of Onagawa Station (女川駅)
  • Details of Onagawa Station (女川駅)
  • Details of Onagawa Station (女川駅)
  • Town view from balcony of Onagawa Station (女川駅)
  • Balcony rooftop of Onagawa Station (女川駅)
  • The facade of Onagawa Station (女川駅)




建物概要

Onagawa Station (女川駅).
Architect : Shigeru Ban Architects (設計:坂茂建築設計).
Contractor : Toda Corporation (施工:戸田建設).
Completed : 2015 (竣工:2015年).
Structured : Steel Frames (構造:鉄骨造).
Costs : $7.9 million (総工費:約7.9億円).
Use : Station, Spa (用途:駅舎、温浴施設).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 3 (階数:地上3階).
Floor area : 9,682 sq.ft. (延床面積:899.51㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:㎡).
Site area : sq.ft. (敷地面積:㎡).
Location : 1-10 Onagawahama Aza Ohara, Onagawa Town, Koshika Gun, Miyagi, Japan (所在地:日本国宮城県雌鹿郡女川町女川浜字大原1-10).


使用機材

Nikon D600
Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Lightroom
   

参考サイト


管理人が読んだおすすめの建築本

    

コメントを残す