【建築】住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店)/住友合資会社工作部

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

 大阪のビルで毎日飽きずに観れるビルと言えば個人的には大同生命ビルとここ。三井住友銀行大阪本店(住友ビルディング)でした。滞在中は通勤経路にあったものですから朝と夜に2回も拝めていたという。今思い出してもニヤニヤできます。阪神高速と一緒に撮れるのもまたたまりません。

 高層ビルが並ぶ淀屋橋~肥後橋のオフィス街――大阪で梅田に次いで地価が高いエリア――そのど真ん中に建つ5階建ての近代建築です。高層とはいえないのですが黄土色の石でできた外装は要塞のようでゲームに出てくるような圧倒的存在感で、今でも現役。内部も素晴らしく芸術作品のような美しさと、かっこよさと、今にも通ずるセンスの良さと。全てにおいて文句なしです。今でも大阪へ行くと絶対見に行きます。

Facade of Sumitomo Building (住友ビルディング)

 内観の撮影ですが、『生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪(イケフェス)』というイベントが毎年秋頃にあるのですが、そのときにこの部屋だけ撮らせてもらえます。執務室などは撮影NGで見学のみですがすごいゴージャスで素敵です。必見。3階分くらいのすごく高い天井高さが余計に大空間を引き立てていました。
 ちなみに今年のイケフェス2017は10月28日(土)、29日(日)の開催です。

Ceiling of Sumitomo Building (住友ビルディング)

 住友ビルディングは、当時は住友本社の本店として建てられました。設計した「住友合資会社工作部」というのは、ご存知かと思いますが、この組織が後の日建設計となります。そして今では世界最大の設計事務所と飛躍するわけですね。


写真

 すべての写真をFlickrで見る

  • Detail of decoration of Sumitomo Building (住友ビルディング)
  • Detail of decoration of Sumitomo Building (住友ビルディング)
  • Ceiling of Sumitomo Building (住友ビルディング)
  • The facade of indoor, Sumitomo Building (住友ビルディング)
  • Facade of Sumitomo Building (住友ビルディング)
  • Exterior view of Sumitomo Building (住友ビルディング)
  • Exterior view of Sumitomo Building (住友ビルディング)
  • Detail of Sumitomo Building (住友ビルディング)
  • Exterior view of Sumitomo Building (住友ビルディング)
  • General view of Sumitomo Building (住友ビルディング)


建物概要

Sumitomo Building (住友ビルディング).
Architect : Sumitomo building department (設計者:住友合資会社工作部).
Contractor : Obayashi Corporation (施工:大林組).
Completed : 1926(1st period) (竣工:1926年).
Structured : Steel Reinforced Concrete (構造:鉄骨鉄筋コンクリート構造).
Costs : $ million (総工費:約億円).
Use :Bank (用途:銀行).
Floor : 5 (階数:5階).
Height : 79ft (高さ:24.2m).
Floor area : sq.ft. (延床面積:35,983㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:6,668㎡).
Site area : sq.ft. (敷地面積:㎡).
Location : 4-6-5 Kitahama, Chuo Ward, Osaka City, Ossaka, Japan (所在地:日本国大阪府大阪市中央区北浜4-6-5).

使用機材

Nikon D600
Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Lightroom
    

参考サイト

住友ビルディング – Wikipedia
三井住友銀行 大阪本店ビル – 日建設計コンストラクション・マネジメント


管理人が読んだおすすめの建築本

    

コメントを残す

BackToTop