【話題】隠岐島に完成したホテル「Entô(エントウ)」が2021年7月1日開業。設計はマウントフジアーキテクツスタジオ

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

遠出がしたいけど我慢の限界に近づいてきた、そんなタイミングに
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO(マウントフジアーキテクツスタジオ)が手掛けた素敵なホテル「Entô(エントウ)」が2021年7月1日、島根県隠岐諸島に開業したとの情報が。

海士町にある唯一のホテル「マリンポートホテル海士」のリニューアルプロジェクトで、旧国民宿舎部分(別館)の建て替えと、本館の改修です。そこに隠岐ジオパーク拠点施設を包含したのがEntoだと、そういうことでした。
ホテルは町が所有し、運営は第三セクターの海士が担っています。

ジオパークってなんだ

「国内初のジオホテル」とか「ジオパーク」とか、聞き慣れない言葉がいきなり頻出しまくって混乱気味でしたが、こういうことみたいです。

ユネスコ世界ジオパーク
国際的に価値のある地質遺産を保護し、そうした地質遺産がもたらした自然環境や地域の文化への理解を深め、科学研究や教育、地域振興等に活用することにより、自然と人間との共生及び持続可能な開発を実現することを目的とした事業のこと。
Sentence from 文部科学省

ユネスコ世界ジオパークに認定された、島根県隠岐諸島の隠岐ユネスコ世界ジオパークということですが、実は既に国内に9か所もあったんです。(洞爺湖有珠山、アポイ岳、糸魚川、隠岐、伊豆半島、山陰海岸、室戸、島原半島、阿蘇。)日本ジオパークネットワークのサイトで確認できます。


Image from 日本ジオパークネットワーク

建物としては改築と増築とのことですが、増築部だけ。
CLTパネル工法を採用して、壁面などはCLT現し仕上げ(要はコンクリート打ちっぱなしのCLT版みたいなこと)にしていて、自然な風合いも演出していますがオシャレな感じにも仕上げられています。
離島で人手不足が心配されるも、CADを駆使しつつ、規格流通金物を用いて、プレカットも単純なものにして、シンプルな架構にしたことで、短い工期をも達成。

地下1階

1階

2階

構造伏図

Image from サステナブル建築物等先導事業

こんな動画もありました。

建物情報

Ento (エントウ).
Architect : Mount Fuji Architects Studio (設計:マウントフジアーキテクツスタジオ).
Constructor : Maeda Corporation (施工:前田建設工業・鴻池組JV).
Completed : January 2021 (竣工:2021年1月).
Structured : CLT (構造:CLT造).
Use : Hotel (用途:宿泊施設).
Height : ft (高さ:7.385m).
Floor : 2 (階数:地上2階、地下1階).
Site area : sq.ft. (敷地面積:5,650㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:957.46㎡).
Floor area : sq.ft. (延床面積:1,630㎡).
Location : 1375-1 Fukui, Ama Town, Oki-gun, Shimane, Japan (所在地:日本国島根県隠岐郡海士町福井1375-1).
Owner : Ama Town (建築主:海士町).
Costs* : million USD (総工費:約億円). *USD/JPY=100.00
Awards :

参考サイト

Entô(公式)
ユネスコ世界ジオパーク – 日本ジオパークネットワーク
1本の線のような建築を。島唯一のホテルEntôを建築・デザイン•ジオパークの視点で語る。 – ないものはない 海士町公式 note
隠岐ジオパークと挑戦の島・海士町による新拠点「ないものはないジオホテル・Entô」開業 ソニー、NTTドコモ らとも連携 – PR TIMES
島根県隠岐郡海士町ジオパーク×ホテル「Entô」開業予定 – 設計、VIはMOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO + 日本デザインセンター – ADF webmagazine
http://www.sendo-shien.jp/31/case/download/jirei67.pdf
前田建設工業(公式)

コメントを残す