【話題】神戸アリーナが2024年開業予定

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

神戸市三宮の再開発がすごいですね、全部取っ替えるんじゃないかという勢いです。駅前もガラリと変わりますし、第1突堤にはミュージアムやホテルなどが竣工済で賑わいを見せていますが、第2突堤には多目的アリーナの開発が進んでいます。話題としては2021年3月頃に事業の優先交渉権をNTT都市開発がGETしたという情報がありましたが、2024年完成に向けて着々とプロジェクトは進行中のようです。

事業主体はスマートバリュー、NTT都市開発、NTTドコモの3社ですが、設計・施工の情報がなかなか見つからず、どこまで決まっているのでしょうね?

規模は1万人程度の収容数で、集客施設をプロムナードなどでつなぎ開放的で気軽に回遊できる空間を生み出す。市民や観光客など誰もが気軽に立ち寄り、再び訪れたくなるような空間を創り出すことを目指しているとのこと。

コンセプトムービーなんかも作られていて気合入っています。

建物情報

Kobe Arena (神戸アリーナ).
Architect : (設計:).
Constructor : (施工:).
Complete : 2024 (竣工:2024年予定).
Structured : (構造:).
Use : Arena (用途:アリーナ).
Height : ft (高さ:30m).
Floor : 5 (階数:地上5階).
Site area : sq.ft. (敷地面積:10,228㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:㎡).
Floor area : sq.ft. (延床面積:25,301㎡).
Location : 130-2 Shinkocho, Chuo-ku, Kobe City, Hyogo, Japan (所在地:日本国兵庫県神戸市中央区新港町130-2).
Owner : (建築主:).
Costs* : million USD (総工費:約億円). *USD/JPY=100.00
Awards :

参考サイト

神戸アリーナ(公式)
新港第1~第2突堤間における水域活用計画 – 神戸市
新港第1~第2突堤間における水域活用計画(パンフレット) – 神戸市
神戸アリーナ – Wikipedia

コメントを残す