【建築】多摩美術大学図書館/伊東豊雄建築設計事務所+多摩美術大学八王子キャンパス設計室

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

おそらく伊東さんの名作のひとつではないかと思いいます、多摩美術大学図書館におじゃまです。もちろん今年出版された「伊東豊雄自選集」にも登場します。
環境デザイン学科客員教授(当時)の伊東豊雄氏の設計で、せんだいメディアテークと同様に躯体がユニークでありヨーロッパの古代建築のようであり、とにかく魅力いっぱいの図書館です。
建物としてもそこそこ大きいのですが和書約13万冊、洋書約7万冊、合計約20万冊と控えめ。内部は本を読んだり勉強したりするためだけではないから納得。

おじゃましたのが2年ほど前なのですが、訪問当時は不運にも内装工事中で中の見学は叶わず。今はCOVID-19のため外部者はシャットアウトです。

余談ですが都市開発シミュレーションゲーム「Cities: Skylines」向けに同建築物のMODを作って公開していますので、よければどうぞ!

建物

この日は晴天も晴天だったので建物が一番綺麗に見えて終始気分も上がりました。

全体としてはアーチ状に形取られたコンクリート打ち放しなのは見てとれるけど、内部でも連続してアーチが行き交っている。のを撮りたかった。
アーチにすることで壁てもない、柱でもない絶妙な空間の仕切りも体感できるみたいだが、中にはいっていないのでわからなかったです。

壁厚は20cmとかなり薄い。実際には内部にアーチ状の鉄板を仕込んでいるから実現できているそう。
施工順序としては、まず鉄板を配置してから、両サイドに10cmずつコンクリートを打つ方法を採ったそうです。

足元もものすごく細くて、40cmくらいしかない。免震構造だったり、実際は地下1階もあるので全く問題ない。

断面図を見てもらうとわかるんですが、実は1階が坂道になっています。勾配は1/20で、最初見たとき図書館のような長時間居座る建築物でこんなんありなのか? と思ったのですがありみたいです。「建築と敷地環境の環境を近づける」意図があるそうです。

1階断面図

Image from 東西アスファルト事業協同組合

殆どの窓の大きさが少しずつ違う点も面白いですね、コンクリとガラスのみだとどうしても眠くなりそうなもんですが不規則なようでどこかにリズムを見いだせそうな順序で並んでいるのでつい見入ってしまいます。

さらに背の高い広葉樹が植えられているので葉が落とす影がアクセントになって割とずっと眺めてしまったり。何気にカーテンがかわいい。

公式サイトの図書館カレンダーに見学カレンダーもあったのを最近知った。コロナも落ち着いたらまたおじゃましたいなあ。というか普通にこの中で読書したい。

見学、撮影許可

見学:可能。
・公式サイトに見学可能日カレンダーがあります。
・学校の敷地に入るだけならば、守衛室に行き、見学希望の旨を伝え、訪問者情報と目的を紙面に記入。
撮影:外観:可能。内観:不可。

ギャラリー

  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Full view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Entrance of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Upward view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Details of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)
  • Exterior view of Tama Art University, library (多摩美術大学図書館)

建物概要

Tama Art University, library (多摩美術大学図書館).
Architect : Toyo Ito (設計:伊東豊雄建築設計事務所+多摩美術大学八王子キャンパス設計室).
Contractor : Kajima Corporation (施工:鹿島建設).
Completed : February 2007 (竣工:2007年2月).
Structured : Steel frames + Concrete (構造:鉄骨+コンクリート造).
Costs : $ million (総工費:約億円).
Use : Library (用途:図書館).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 2 (階数:地下1階、地上2階).
Floor area : 60,697 sq.ft. (延床面積:5,639㎡).
Building area : 23,945 sq.ft. (建築面積:2,224.59㎡).
Site area : 1,713,451 sq.ft. (敷地面積:159,184.87㎡).
Owner : Tama Art University (建主:学校法人多摩美術大学).
Location : 2 Yarimizu, Hachioji City, Tokyo, Japan (所在地:日本国東京都八王子市鑓水2).

施設情報 (Admission)

【営業時間】月〜金10:00-19:00、土10:00-17:00 (Opening hours)
【休館日】毎週日曜日、祝日 (Closing day : none)
【入場料】0円 (Admission)

アクセス (Access)

JR八王子駅からバスで約20分。
【経路】京王バス 八70系統 八王子駅南口→多摩美術大学
【時間】20分
【運賃】210円

詳細は公式サイトをご参照。
 利用案内 – 多摩美術大学図書館(公式)

COVID-19 新型コロナウィルス感染症関連情報 (2020/11/30現在)

学外の方による図書館の利用と見学は不可。
  https://libopac.tamabi.ac.jp/drupal/?q=guide/outsider/open

使用機材

ボディ:SONY α7Ⅱ
レンズ:TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
レンズ:TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
マウントアダプター:RAYQUAL NF-SαE

現像:Adobe Photoshop Lightroom
   

参考サイト

この記事はお役に立ちましたか?
0

管理人が読んだおすすめの建築本

    

コメントを残す