【Blender】新国立競技場を作ってCities: Skylinesに置きたい (2) 完結

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

都内に完成した新国立競技場をCitiesに置きたい! さてと、続きをやりましょう。

前回はこちら。

【Blender】新国立競技場を作ってCities: Skylinesに置きたい (1)

動画版

やってみよう

1.

スタジアム内の階段を置きます
録画はしていないのですが、スタジアムの縦横比が絶対おかしいぞと気づいてXYスケールを大幅に直しています
結果だけ言うと、高さは合っていたのですが、幅・奥行きが1/3くらいしかありませんでした
あとは細かい形状のチェックと手直しを
レンダリングカメラの焦点距離を18mmにしてみますとCGパースや実写と同じ見栄えになりました
最上階の構造体のあたりを付け足したくなり追加
スタジアム客席周りをもう少し作り込もうかな。このあたりはわりと目に入りますから
残す問題はポリゴン数制限で、15000に抑えなければ
やっぱり数を食っているのは柱かな
現時点で六角形ですが、五角形でも見栄えに問題がないかしらと試す
あと屋根の骨の部分も減らそう。見えるところだけでいいじゃんね
今画面上に2つスタジアムがありますが、白くでかいほうが実寸大で、小さい方が
小さい方がCities向けに縮小したサイズです
Citiesの建物って割と小さいものが多いので、こんなサイズのを入れると明らかに違和感が出てしまいます
・・・なんて当時は思っていたのですが、DLCのインダストリーを導入するとその概念も覆りますよね
20グリッド(160m)とか普通にあるんですもの
コメントで「実寸も作ってくれ」とかなりいただいていたのですが
言われる理由も納得です
よーし、完成だ!
それではCities: Skylinesにインポートしましょう
アセットエディターではプロップ(樹木、街灯、ベンチなどの置物)を
置いたり、建物自体のパラメータを設定できます
まず、必ずテンプレートを指定しなければならないので、ユニーク施設のスタジアムにしましょうか
次にBlenderで出力したFBXモデルを選択
CitiesのアセットMODのサイズは最大16×8グリッドなので
ちょっとはみ出しています
ちなみにはみ出しても全然問題なく動作します
当時、実際にスタジアム視察に行ったんですが
白い工事壁で殆ど見えず
敷地部分はかなり想像です
『杜のスタジアム』ってコンセプトですし、ベースはアスファルトにして、所々に木を植えてみます
ライトを置こう
夜にして、上向きのライトを数か所に設置
Citiesのライトは面を突き抜けるので
結果的に1つのライトで広範囲を照らすような表現になります
次にパラメーター設定を。ユニーク建築物だと基本は
幸福度上昇の効果と範囲の値をきめることになりますが
使用する電気・水や、排出するゴミの量、教育別の労働者数も設定できます
通常は150程度がMAXですが、大幅に高くしてしまおう
保存をして完了! ゲームに戻って設置してみましょう
雇用面は多めに。その代わりコストや消費エネルギーは多めに
個人的にはこのへんは現実的にするのが好みです
ディフューズマップの輝度を落としたほうが良さそうかな
メモリ消費ですが、1年前はゲーム起動に10-12GB程度でしたが、アセットMODを作るようになって
今では18-20GBは食います
偶然CPUも変えたので、RAMも16GB追加しました
今って本当に安いですね、8GBx2本で7,000円でした
個人的にはこのアングルが気に入りました。サムネイルにもしています
遠景だと目に見えて崩れるのでLODも作らないといけませんね
ここいらで早送りしましょ
ライトアップしました
もうちょっと派手でもよかったかも
FPSモードで中に行ってみよう

完成

基本的に裏から見られることを想定していないので面がありません。
これ・・・実際のスタジアムでもこんな日陰が出ることを示してしまっているのですが、スポーツ選手とか気が散らないのかな。
日が落ちるとともにお別れします。

参考サイト

New National Stadium (新国立競技場) – Steam Workshop
http://kobayakawashunichi.blog.jp/archives/1048119828.html
https://blog.goo.ne.jp/arya2golf/c/c278f6e68a913c290cead58dfc97d96d/1

【DL】新国立競技場【メッシュ】

コメントを残す