【CG】Cyclesレンダーでフォーカスとボケ具合をリアルタイムで調整する【Blender】

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

たまに忘れるので忘備録。

BlenderのCyclesレンダーのときに被写界深度(DoF: Depth of Field)を有効にして、ボケの強さとフォーカスを合わせる必要があるのですが、レンダリングの解像度を小さくしてボケとピント具合を何度もトライアンドエラーしている方は参考になる情報です。
いや割と最近までリアルタイムでフォーカスの調整できるのを知らなくて、解像度を小さくして何回かトライアンドエラーして調整していました。

建物とかだと建築模型みたいにレンダリングできてかわいくできたりして使う機会があるので覚えておくと便利でしょう。

やり方

予め[Cyclesレンダー]にしておきましょう。

1.カメラ表示にします。[ビュー]→[カメラ(0キー)]です。

2.シェーディングを[レンダー]にします。

3.Cameraオブジェクトを選択して、カメラ設定へ。
焦点の[距離]でフォーカスを合わせて、
絞りの[サイズ]でボケの強さを変更できます。
ちなみにこのとき[F値]の変更はプレビューできないみたいです。

作例

この記事はお役に立ちましたか?
0
お気に召していただけましたか?

購入によるお支払(ご支援)も承っています。お値段は200円からお好きな価格を。

ご注意:返金のご対応はいたしかねます。

JPY

管理人が読んだおすすめの建築本

    

コメントを残す