【建築探訪】兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館/いるか設計集団

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

2021年11月3日にオープンした和風もりもりな施設「兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館」が気になっていたのでおじゃま。なんと入館料が無料です。なんで! 検索とかすると当然のように「税金の無駄」というワードがつきまとっていますが、まあお金とってもいいんじゃないかと思います。

初代県庁館はってなんだろ? と思うと、1868年5月23日に兵庫県が生まれたわけですが、そうなると県庁が必要となります。そこで本施設は当時と同じ土地、位置関係に当時の県庁が置かれた元の大坂町奉行所管轄の兵庫勤番所の建物を復元したものです。教科書で習った初代内閣総理大臣:伊藤博文氏が初代県知事であることをここで知りました。兵庫県民はみんな知っているのでしょうが他県の人からするとけっこう驚き。
施設内は当時の知事執務室や県庁舎、旧同心屋敷、仮牢が再現されていて全部入ったりできます。

時間予約制ですが「バーチャルVisit!」というMRのコンテンツもあり、初代県庁を舞台に繰り広げられた幕末維新のドラマが体験できます。私は見ていないんです。

ちなみに敷地内に「ひょうごはじまり館」というのも2022年の下期にオープン予定です。こちらは有料。私がおじゃましたときは躯体が作り終わるくらいの進捗で完成はまだ先なのかなと思うくらいでしたが年内オープンなんですね。

建物

実際におじゃますると思いの外こじんまりとした印象。地方の有力者あたりが平屋の超大豪邸を建てたくらいの敷地です。

取次役所。休憩スペースになっていて、カフェも併設されていて割とユルいスペースです。畳にあがって休めるのでうれしい。この日はカフェはお休みでした。

県庁舎と初代執務室。写真撮影可能です。「伊藤博文のヒゲ」とかコスプレアイテムがあったらもうちょっと盛り上がって撮影できそうです。

県庁舎から見える日本庭園、素敵に作られています。塀の先が竹とかで隠されている方が良い気はしました、塀の先に工場が見えるとなんか現実に戻ってしまいます。

仮牢という逮捕した人を一旦確保しておく牢屋です。実際に入れますので「わしゃあ無実じゃ!」とか叫んでいるところを動画で録ると楽しい。二重構造になっていて木造ながら諦めるくらい堅牢です。

敷地内はなんかとりあえずオープンしました感がなんか漂っています、とりあえずハコは作ったったぞ、無料だぞ、さあ皆さん来てね、的な。でもたぶんひょうごはじまり館が完成して導線を繋いでやっと完成なんだとは思います。

見学、撮影許可

見学:× 入場料を払う必要がある。
撮影:○ 全館可能。

ギャラリー

  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Hyogo-no-tsu Museum, prison (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 牢屋)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)
  • Exterior view of Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎)

建物概要

Hyogo-no-tsu Museum, Prefectural office (兵庫県立兵庫津ミュージアム 初代県庁館 県庁舎).
Architect : Team Zoo Atelier Iruka (設計:いるか設計集団).
Constructor : Hagino Kensetsu (施工:萩野建設).
Completed : March 2021 (竣工:2021年3月).
Structured : Steel frames, Timber (構造:鉄骨造+木造).
Use : Museum (用途:博物館).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 1 (階数:地上1階).
Site area : 61,248 sq.ft. (敷地面積:5690.22㎡).
Building area : 6,487 sq.ft. (建築面積:602.68㎡).
Floor area : 5,365 sq.ft. (延床面積:498.50㎡).
Location : 2-1-17 Nakanoshima, Hyogo-ku, Kobe City, Hyogo, Japan (所在地:日本国兵庫県神戸市兵庫区中之島2-1-17).
Owner : Hyogo Prefecture (発注者:兵庫県県土整備住宅建築局).
Costs* : 28 million USD (総工費:約28億円). *USD/JPY=100.00
Awarded :

施設情報 (Admission)

【営業時間】<4月〜9月> 9:00-18:00。<10月〜翌3月> 9:00-17:00 (Opening hours)
【休館日】月曜日(祝休日の場合は翌日) 年末年始(12月31日、1月1日) (Closing day)
【入場料】無料 (Admission fee)

アクセス (Access)

JR三ノ宮駅から行く場合
●地下鉄
【経路】神戸市営地下鉄海岸線 三宮・花時計前駅→中央市場前駅 –下車→ 徒歩5分
【時間】15分
【運賃】210円
【駐車場】無し (vehicle parking)
【駐輪場】無し (bicycle parking)
  詳細は公式サイトをご参照。

COVID-19 新型コロナウイルス感染症関連情報 (2022/3/21現在)

入場時にアルコール消毒が必須。
マスク着用が必須。
  詳細は公式サイトをご参照。

使用機材

ボディ:SONY α7Ⅱ
レンズ:TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)
レンズ:TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)
マウントアダプター:RAYQUAL NF-SαE

現像:Adobe Photoshop Lightroom

     

参考サイト

コメントを残す