【建築】伝統芸能伝承館/隈研吾建築都市設計事務所

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

 隈研吾氏の相当昔の作品ですが、もちろんこの頃から和風建築―純和風も手がけています。
 
 この日は珍しくレンタカーを仙台駅前で借りて、女川駅や水のを巡ってきたのですが、ちょっと遠いので時間が余ったら行こうとオプションプランで用意していたこの伝統芸能伝承館ですが、登米市に行って帰ってきくる時間は十分あったので、思い切っていってみました。高速も無料区間ですしね。
 石巻市から30分強くらいで行けます。
&#01

建物

 古い作品とは言えどどことなく隈氏の作品であることが見てすぐにわかるような気がします。2010年頃からヒャッハー!と爆発する前の、保守的と言ったら怒られるのかも(?)しれませんが、日本人であればすんなり受け入れられるモダンな純和風といった佇まい。
 終夏におじゃましたので楓の青々しい葉と木造の風合いがよく似合います。
Exterior view of Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館)
 
 中に舞台があるのですが、建物と機能の性質上、あまり責めた造りにはなっていません。本当に伝統芸能の継続を願うといいますか、施主も期待通りのデザインとなったのではないでしょうか。
 この日はイベントか祭りの少し前だったこともあり、大道具を被せるビニールシートが庭園の大半を占めていて、撮影が難しいかったです。
Seats in Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館)

 縁側を覆う純白の大きなフラット屋根(実際は超低勾配の片流れっぽかったけども)がこの建物の雰囲気をガラリとモダンに近づけている印象。
Audience seats of Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館)

アクセス

 Google Mapsで調べると川のすぐ西側あたりと出るのですが、これが誤りであると現地についてから気づきました。そこには蔵しかなかった(涙)
 実際は市役所の北東に400mくらいの思いっきり住宅地の中の袋小路みたいな場所にその建物はあります。理想的な”閑静な住宅地”です。

 バス
仙台駅からバスが出ているようです。日中は3時間に1本、夕方は1時間に1本くらいみたいです。
 東日本急行バス
 仙台駅西口 → とよま総合支所
 所要時間:約1時間45分
 運賃:1,200円

 自動車
 ひたすら高速道路を進むだけです。途中の三陸自動車道から無料です。ちなみに駐車場ですが5台分ほどあります。表紙画像はその駐車場から撮影しています。私はこれに気づかず登米総合支所に停めさせてもらって行きました。
 仙台東部道路、三陸自動車道(無料区間)
 仙台東IC → 鳴瀬奥松島料金所(ここまで有料) → 登米IC → とよま総合支所
 所要時間:約1時間45分
 運賃:1,080円

Master of Japanese style architecture; Kemgo Kuma’s old work. He revived proper style completely, to see Noh actor by audience position.


ギャラリー

 すべての写真をFlickrで見る

  • Exterior view of Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館)
  • The facade of Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館)
  • Seats in Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館)
  • Exterior view of Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館)
  • Garden in Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館)
  • The facade of Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館)
  • Audience seats of Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館)


建物概要

Noh Stage in the Forest (伝統芸能伝承館).
Architect : Kengo Kuma & Associates (設計:隈研吾建築都市設計事務所).
Contractor : (施工:).
Completed : May 1996 (竣工:1996年5月).
Structured : Timber (構造:木造).
Costs : $ million (総工費:約億円).
Use : Museum, Stage (用途:博物館、舞台).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 1 (階数:地上1階).
Floor area : sq.ft. (延床面積:800㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:498.21㎡).
Site area : sq.ft. (敷地面積:㎡).
Owner : Tome City (建主:登米市).
Location : 42 Teraike, Toyoma-machi, Tome City, Miyagi, Japan (所在地:日本国宮城県登米市登米町寺池上町42).


使用機材

Nikon D600
Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Lightroom
   


参考サイト

1 thought on “【建築】伝統芸能伝承館/隈研吾建築都市設計事務所

コメントを残す