【話題】国立科学博物館『木組 分解してみました』が2021年10月13日~11月24日まで開催中

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

上野の国立科学博物館で『木組 分解してみました』が開催中です。2021年10月13日~11月24日まで。
私も普段CGで日本住宅などをよく手掛けていますけど加工・施工現場でじっくりなんて経験は殆どありませんからじっくり鑑賞してこようと思います。

【おうちでワークショップ】組子コースターづくり
釘などを使わず木を組み、美しい文様を創造する組子細工の技術。作り方動画を見ながら自宅で簡単な麻の葉のコースターが作れちゃいます。コースターキット制作は組子細工の第一人者である横田栄一氏が協力。組子細工の技を紹介した映像「組子細工の技を継ぐ」も合わせて観るとより好きになることでしょう。
キット代は無料(送料が180円。)で、2021年12月21日15時までに申し込めばOK。

展示概要

企画展名:国立科学博物館・竹中大工道具館共同企画展 「木組 分解してみました」
会期:2021年10月13日~11月24日
会場:国立科学博物館(東京・上野公園)日本館1階企画展示室および中央ホール
開館時間:9:00~17:00
休館日:月曜日
入館料:一般・大学生630円、高校生以下および65歳以上無料
主催:国立科学博物館、竹中大工道具館
協賛:竹中工務店

参考サイト

木組 分解してみました – 竹中大工道具館

コメントを残す