【建築】姫路駅北口広場/WAO渡邉篤志建築設計事務所

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

国宝であり、世界文化遺産としても有名な姫路城のある街:姫路市にはじめておじゃま。姫路には調べるほどたくさんの建築が点在してあるようで、市が公式に観光マップのひとつとして『建築マップ』を発行していたりと、なかなか力が入っているようです。
今回は旅の玄関口となるJR姫路駅の北口におじゃま。グッドデザイン賞も受賞しいます。

駅前広場というと、交通機関最優先のでっかいアスファルトロータリーに支配されている印象が私には割とあるのですが、ここは人の通行が優先されている感覚でしたし、本当に人が行き交う広場としての機能が大半であるように感じます。といってもバスの利用が不便なんてことはまったくなかったですし、わかりやすい方だったと思います。理屈での説明は難しいですが実際利用した感想としてもバランスが良かったように思いました。

設計者:渡辺篤志氏|WAOの作品紹介は実は2回目で、1回目は秋田駅西口バスターミナルでした。こちらも木材でつくられた温かみるのある作品でしたね。今回の姫路駅北口改修を知るきっかけは氏の公式サイトの作品集だったりします。

【写真】秋田駅西口バスターミナル/ナグモデザイン事務所+WAO渡邉篤志建築設計事務所+間建築研究所

プロジェクト自体は北口周辺地域の再開発事業と大規模なもののうち、WAOは展望デッキとサンクンガーデンのデザインを担当。姫路城の大改修が終わる2015年春に合わせ、駅前空間も全面供用開始となったとのこと。

建物

展望デッキからは姫路城が真正面に見える最高のロケーション。
姫路観光を実際にさせてもらって一番よかったのは、「とにかく迷いがなかった」点です。駅前から姫路城に続く大手町通りもかなりきれいに整備されていて、観光資源も豊富でアクセス方法がきっちり確立されていて、お手本のような都市開発をされているなと感じます。

こちらの作品も木材を中心に施工されていて温かみがある空間に仕上がっていました。姫路市産の杉材とのこと。

一般的な再開発計画だとにぎわいの広場のところを東西に貫く道路にする場合がほとんどだと思いますが、この1本の道路をなくしただけでここまで印象が変わるもんだなあと強く感じました。現地にいるときは気づかなかったんですけどね。

サンクンガーデンは高低差が程よくあって常に人が集まって各々がのんびり過ごしているようでした。関東の方だったら恵比寿ガーデンプレイスのバカラシャンデリアがある広場をコンパクトにしたようなイメージをしてもらえれば大体合っているようなイメージ。
素材は、地場産業の鉄、姫路城の石垣に使われているさび御影石。

西側には商業施設ビルに直接アクセスが可能になっていて人の往来も多く賑わっていました。

展望デッキですが確認した限りでは23時くらいでも出入りできました。変なカップルとか少年の集いとか、誰かいるかなとちょっとビクビクしましたが誰もいませんでした。姫路城もライトアップされていました。何時まで光っているのだろう?

見学、撮影許可

見学:可能。
撮影:可能。

ギャラリー

  • Exterior view of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Exterior view of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Exterior view of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • The facade of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Exterior view of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Exterior view of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Details of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Details of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Indoor view of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Indoor view of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Indoor view of Himeji Station north exit
  • Full view of Himeji Station north exit
  • Details of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • The facade of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Indoor view of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Full view of Himeji Station north exit (姫路駅北口)
  • Indoor view of Himeji Station north exit (姫路駅北口)

建物概要

Himeji Station north exit (姫路駅北口).
Architect : WAO (設計:WAO渡邉篤志建築設計事務所).
Contractor : Tobishima (施工:飛島、大林組).
Completed : 2014 (竣工:2014年).
Structured : (構造:鉄骨造).
Costs* :28 million USD (総工費:約28億円). *USD/JPY=100.00
Use : Station (用途:駅前公共施設).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 2 (階数:地上2階).
Owner : Himeji City (発注者:姫路市).
Floor area : 10,236 sq.ft. (延床面積:951㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:㎡).
Site area : sq.ft. (敷地面積:㎡).
Location : 188-1 Ekimae-cho, Himeji City, Hyogo, Japan (所在地:日本国兵庫県姫路市駅前町188-1).

Awards :
グッドデザイン賞ベスト100 (2015)
地域づくりデザイン特別賞受賞 (2015)

施設情報 (Admission)

【営業時間】24時間 (Opening hours)
【休館日】なし (Closing day : Sunday)
【入場料】0円 (Admission fee)

アクセス (Access)

JR姫路駅直結。

詳細は公式サイトをご参照。

使用機材

ボディ:SONY α7Ⅱ
レンズ:TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
レンズ:TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
マウントアダプター:RAYQUAL NF-SαE

現像:Adobe Photoshop Lightroom
   

参考サイト

この記事はお役に立ちましたか?
0

管理人が読んだおすすめの建築本

    

【建築】姫路駅北口広場/WAO渡邉篤志建築設計事務所” への1件のフィードバック

コメントを残す